エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2009年01月23日

カテゴリ : 自動化要素技術

第385回 機械設計者の生産技術レベルアップ講座-39:ねじ締結不良と対策

ねじ締結作業に係る不良内容を分類し、ねじ締結装置のトラブル対策例を解説します。

(1)ねじ締結不良とその要因分類

ねじ締結不良は次のように分類できます。

<ねじ締結不良とその要因分類>

このなかで、ねじ締結装置に関係ある不良内容として下記が挙げられます。

a)ねじ締結作業のミス

自動締結ユニットの制御不良
ねじ締結の不良(心ずれ、斜め締結、他)
ねじ位置決めミス


b)ねじ締結工具の不備

ねじビット部の磨耗や欠損
ねじチャック部の磨耗
締結工具のメンテナンス不備


(2)ねじ締結装置のトラブル対策例

1)ねじ締結装置(エアドライバの場合)のトラブル対策例

(1)ねじ締結時に反力を受けるため、ある程度の使用時間間隔でエアドライバの作動不備が発生しがちです。
(2)回転軸部の摩耗、異物付着、さび、焼きつきなどの要因による回転運動の不安定性による場合が多く、潤滑油を塗布して正回転・逆回転を数回繰り返す。
(3)エアドライバの供給圧の確認。


2)ねじ締結工具の不備のトラブル対策例

(1)ねじビットの先端は摩耗変形する前提でスペア部品を所有して定期的(数量管理)な部品交換を行うこと。
(2)ねじチャック部の周辺部品も(1)に同じ。


3)ねじ装置の安定稼動のための周辺管理手法

 自動機の稼働率を安定して高く維持するためには、自動機単体の適正管理のみでなく、組付け部品や完成品の品質管理を維持して稼動不良の予防処置が効果を生みます。

【管理項目の例】
品質管理対象管理項目例
ねじ部加工品質ねじ穴位置、ピッチ、ねじ径切りくず、バリなどの異常
完成品のねじ締結品質外観(きず、破損)締結トルク

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る