エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2009年02月27日

カテゴリ : 自動化要素技術

第390回 機械設計者の生産技術レベルアップ講座-44:挿入組付け自動化設計の勘所-1

 自動挿入機の設計においては、挿入する部品形状の特徴や挿入時に生じる力(挿入反力による変形など)を想像して、挿入部品の把持部設計をする必要があります。

(1)長い軸部品の自動挿入の事例

・回路基板やプラスチック製ボード等への位置決め軸や回転軸などの自動挿入する場合(【図1】)、挿入軸は接着剤などは使用せずに挿入穴の弾性変形力で固定されます。

・この様な挿入の場合、自動挿入で挿入ミスになると基板破壊や再生が難しいなどの厄介な作業ミスとなります。

・挿入時の基板からの弾性変形は、予想外の複雑な反力を生じさせます。ステックスリップによる断続的な反発力や回転ねじれなど。この様な変動の影響を小さくする把持機構(【図3】参照)が勘所です。

【図1】長軸の自動挿入状態図

【図3】好ましい長軸挿入用把持機構の事例

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る