エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2009年03月27日

カテゴリ : 自動化要素技術

第394回 機械設計者の生産技術レベルアップ講座-48:除振対策の基本

 外部の振動源から伝播してくる振動の影響を小さくすることを「除振」と言います。

1)除振と生産現場の問題

除振を必要とする生産現場の問題の事例は次のようなものです。

例:
(1)近隣の工場のプレス装置が稼動すると自動機の位置決め精度のバラツキが大きくなる。
(2)自動搬送装置が稼動すると印刷膜厚が局所的にバラツク。
(3)搬送機が稼働中は精密加工機の加工面にキズの発生比率が増大する。

2)除振対策の事例

 除振対策の基本は、物理現象として直感的に理解し易いシンプルなものです。しかし、対策がシンプルである分、後手の対策では効果を得るのが難しいです。

除振対策の事例

(1)振動源のある基礎と除振したい装置の基礎を一体基礎とせずに分離基礎とする。

a)一体床の場合の除振効果

a)一体床の場合の除振効果

(2)振動源から伝播する振動エネルギの影響を小さくするため、除振したい装置の質量を大きくする。

a)一体床の場合の除振効果

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る