エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2009年05月29日

カテゴリ : 生産技術

第402回 ローコストオートメーションと品質-2:プラスチック成形とは

プラスチック射出成形プロセスとは(【図1】)

・プラスチック成形品は、熱可塑性樹脂の成形材料をプラスチック射出成形機(【図2】)の樹脂加熱溶融部(【図2】)で溶融させ、その流動化したプラスチック樹脂を高圧で金型(【図3】)に射出注入し、金型内部に形成されたプラスチック溜まり部に充填され冷却固化させることでプラスチック成形品(【図4】)が出来上がります。

【図1】プラスチック成形の基本プロセス

・【図3】の左上の固定側金型は、写真の上面が下を向いた状態で右下の可動側金型に被せられ、溶融樹脂が溜まる空間部分が形成されます。

・このプラスチック成形作業が1サイクル終了した後、上型の金型と下型の金型を分離してプラスチック成形品を取り出します。この成形品の取出しを作業者が手で取り出す作業と取り出しロボットで無人化した方法があります。

【図2】プラスチック射出成形機

(日精樹脂工業㈱のHPより)


【図3】金型の例(左上:固定型、右下:可動型)【図4】図3の金型の成形品

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る