エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2009年08月07日

カテゴリ : 設計のヒント

第412回 設計のイメージトレーニング-4:チェーン駆動設計とイメージトレーニング

 耐久試験機に採用した既知の自動機設計要素を解説します。

1.ギアモータとチェーン駆動

・往復運動の機構には次の方式があります。ここでは、 コンパクト構造で耐久性に優れる点で(4)を選定

(1)エアーシリンダ駆動
(2)タイミングベルト+モータ駆動
(3)ボールネジ+モータ駆動
(4)チェーン+モータ駆動

・チェーン駆動には、スプロケット(SSP40B)をキー溝で固定、チェーン(CHES40)もSUS製を選定

ベルトコンベアのチェーン駆動機構の例

・可動部は、可動範囲内での設計上の問題をチェックするため、可動端側を二点鎖線(想像線)で製図し設計図に残します<(A)(B)部>。

・同時に可動間隔を括弧書きで図示します。<図のピンク色寸法線>

ケーブルの耐久試験機正面図

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る