エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2009年08月21日

カテゴリ : 駆動機構設計

第413回 設計のイメージトレーニング-5:直動往復運動設計とイメージトレーニング

フォトマイクロセンサを用いた直動往復運動の機構設計を解説します。

(2)直動往復運動

・この試験機の場合、チェーン駆動部にモーメント荷重はほとんどかからないため直動案内はスライドガイド1本の構造としています。
・スライドガイド上での運動位置制御は非接触式フォトマイクロセンサ(EE-SX674A:オムロン)を採用
・位置決め精度を必要とする場合は、フォトマイクロセンサを3個使い、(1)原点位置制御用(1個)、(2)両端の駆動リミット制御用(2個)とします。(【写真2】)
・耐久試験機の場合、位置制御は不必要のため2個のフォトマイクロセンサで両端停止制御。

【写真1】耐久試験機 【写真2】位置制御用直動機構の例

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る