エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2009年09月04日

カテゴリ : 設計のヒント

第415回 設計のイメージトレーニング-7:液中耐久試験機の正面図

液中耐久試験機(写真)の正面図を示しました。

液中耐久試験機

=解説=

・正面図だけで構造のほとんどが理解できるように、破線で駆動部品の配置が、また、二点鎖線で可動範囲が図示されています。

・鎖線部が液溜め部です。可動プレ-トに取り付けられた3個の丸ベルト用アイドラーの1個が液中にあり、その屈曲部が耐久性評価部だと解ります。

・可動プレートは2個のスライダで保持され1本のスライドガイドを往復直進運動することが解ります。

・可動プレートの可動範囲が二点鎖線で図面指示されていますので、可動ストロークが解ります。

・チェーン駆動部は裏面側に組み付けられているいるため、可動プレートはL(エル)字形状にしてスライダとチェーンを連結させています。

【図1】液中走行耐久試験機の正面図

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る