エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2009年09月18日

カテゴリ : 設計のヒント

第417回 設計のイメージトレーニング-9:耐久試験機の共通ユニット活用例

液中耐久試験機(写真)の正面図、右側面図と上面図を示しました。

液中走行試験機の表側構造と裏側構造

=解説=

・この図面構成で、チェーンのテンション調節のための部品形状など、すべての構造を理解することができます。

・しかし、センサとの配線処理は解りません。これは現品状態で配線の引き回し処理がされます。

・2種類の耐久試験機を事例に、自動機の設計とは既知の機構ユニットの最適な組合せ(システム化)であることを解説しました。

・チェーン駆動系、テンション調節機構、ギアモータ設置構造、アイドラ構造、匡体構造、センサ利用法などが共通に活用されていることが解ります(図中の表記部分)。

・共通部品化することで購入品価格を抑えることができます。在庫管理も有利です。

図 液中走行耐久試験機の正面図と右側面図

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る