エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2009年11月06日

カテゴリ : 設計のヒント

第423回 設計のイメージトレーニング-15:表示盤/操作盤の設計

・表示盤、操作盤の配置とそれらの保持構造設計は、自動機の操作性(作業のし易さ)と安全性の向上、さらに、外観的見栄えの関係から重要な項目です。

・表示盤、操作盤の配置と構造設計は、匡体設計の段階で盛り込まなければならないため匡体設計の一部と考えることができます。

・表示盤、操作盤の設計は、汎用自動機と専用自動機の違いで大きく異なります。

・専用自動機の場合は、操作の複雑さを避けるため、操作用スイッチ類を可能な限り少なくし専用設計化させます。

・汎用自動機の場合は、色々な制御に対応できるよう操作盤と表示盤には冗長的な機能を持たせた設計を行います。この違いは装置価格に大きく影響します。

・操作盤の設計動向は、工作機械を例にみると参考になります。人間工学の考えから加工機本体と操作盤の外形と配置を設計しています。

・また、キーボード操作を少なくしてディスプレイ上のタッチセンサで操作性を向上させるなどの流れがあります(【写真1】【写真2】)。

【写真1】製作中のビンゴゲーム自動機

【図1】ビンゴゲーム自動機正面図と操作盤配置

【写真2】独国DMG社のマシニングセンタ用操作盤

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る