エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2009年11月27日

カテゴリ : 設計のヒント

第426回 設計のイメージトレーニング-18:ピックアンドプレイス機構-2

ビンゴ自動機とは異なるP&P機構部の写真と図面で解説します。

・P&Pユニット部品は軽量化させる必要があるためアルミ材を多く用います。ここではA5052材で製作しています。ハンド部はプラスチックを採用。
・直動のアクチュエータは軽量コンパクトな空気圧式のピコテーブル(ミスミMPPT16-30-RS)を採用しました。
・ピコテーブルにチャックユニットを取り付ける部品(チャックプレート:写真)を組み付けています。
・チャックユニットも空気圧式を採用し、プラスチック材のチャックツメを組み付けています。

【写真1】移載自動機のP&Pユニット

P&P機構部の正面図

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る