エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2009年12月25日

カテゴリ : 技術展望

第430回 2009国際ロボット展から:ピックアンドプレイス用高速ロボット

 2009年11月25日から28日までの間、東京ビックサイトで2009国際ロボット展が開催されました。今年で18回目となる国内最大規模のロボット総合展示会です。

 ロボット技術は日本が世界の先端を走っているハイテク技術の代表です。モノづくりにおける国際競争力のさらなる向上を目指したロボット技術動向などが中心に紹介されました。

 この中では、(1)製造コスト削減、(2)納期短縮、(3)熟練作業者への置換え、などへの解決手段として、a) ビジョンセンサー、b) 力センサー、c) オフラインプログラミングシステムなどが重要なキーテクノロジーとして紹介され、その上で人間の能力を超えたロボットの魅力としてd) 高速化、e) 大型化に対する技術革新を提言しています。

 ピックアンドプレイス用高速ロボットとしてパラレルメカニズムロボットの事例紹介が多数展示されました。従来の直行座標系ロボットやスカラーロボットとは設計思想が異なるもので、次の特徴が挙げられます。

高速パラレルメカニズムロボットの特徴
ア)超高速駆動性能軽量で高い剛性構造、駆動軌跡の拘束条件が少ないことによる
イ)省スペース駆動部の真下に動作領域を配置させるため省スペース
ウ)レイアウトがし易い軽量で箱型外形(オーバーハングがない)のためレイアウトが簡単
エ)安全対策がし易い可動範囲全体をシンプルなフレームで隔離が可能 (右下写真参照)

パラレルメカニズムロボットの例

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る