エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2010年03月19日

カテゴリ : 自動化要素技術

第441回 設計のイメージトレーニング-32:カラーボールの分離アクチュエータ

 分離(エスケープメント)機構のユニットについて解説します。

・分離(エスケープメント)機構は直線状にワークを押出す方式と回転しながらワークを分離する方式が代表的な駆動機構です。

・直線状に押出す方式は、エアーシリンダを利用し、ワークをストックしているマガジンの形状とワーク形状に応じてプッシャー部形状を設計します。

・ビンゴゲーム機に使用した回転しながら分離する方式(写真)は、回転モーターやラック&ピニオン機構の応用など様々な駆動機構で設計されます。

・短時間設計と標準化を考えた場合、市販のユニットを活用することで多くの利点が得られます。

・下図(【図1】)はSMCのロータリーテーブルの外観図です。

・空気圧を利用した揺動アクチュエータで、回転方向の正・逆変更と揺動角度の調節が簡単に出来ます。

・揺動停止時の衝撃を弱めるためにショックアブソーバーが内蔵された仕様もあります。

・【図2】は、代表的なロータリーテーブルの内部構造図です。エアーシリンダ機構を利用して直線状の ラックを往復運動させ回転揺動運動に変換させています。

・揺動軸の軸受を2段で持たせているためコンパクト構造で高い剛性を持たせています(【図2】丸部)。

【図1】ロータリーテーブル【図2】ロータリーテーブルの構造

(【図1】【図2】の出典:SMCカタログ;ロータリーテーブルMSQシリーズより)

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る