エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2010年03月26日

カテゴリ : 設計のヒント

第442回 設計のイメージトレーニング-33:駆動モーターの取付ベース

 カラーボールストッカーを回転させる駆動モーターの取付ベースの設計を考えてみます。

・カラーボールストッカーと駆動モーターは弾性のあるプラスチック製丸ベルトで繋げられ回転運動が伝達されます(【写真1】)。

・したがって、駆動モーターは、カラーボールストッカーの回転軸に組付けられたプーリーと駆動モーターのシャフトに固定されるプーリーとが同じ高さと適正な丸ベルトの張力状態と成る様に取り付ける必要があります(【写真1】)。

・一般的には、駆動する側(この場合はカラーボールストッカー)は位置調整機構を持たせません。それは、駆動側の機構は複雑な組立構造となる場合が多いことや、高精度を確保する必要が多いため位置調整機構などは持たせずに単純化させるためです。

・したがって、駆動アクチュエータ側(この場合は駆動モーター)に位置調整機構を持たせます。

・ビンゴゲーム機の場合、駆動モーターの位置決めは、高さの位置出しはスペーサーブロックの設計寸法でだし、丸ベルトの張力調整のために取付ベースのボルト固定穴を長穴形状にしています。

図

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る