エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2010年04月16日

カテゴリ : 設計のヒント

第445回 設計のイメージトレーニング-36:高さ調整が楽なカバー構造

 自動機には次の様な用途のカバーが必要となります。この場合、駆動する物とカバーとの隙間を現物合わせで調整する場合があります。ここでは高さ調整が楽なカバー構造の事例を紹介します。

自動機のカバー事例

(1)駆動部を覆う安全用保護カバー
(2)汚れや異物流入などを防ぐためのカバー
(3)自動化処理のある部位を隠すためのカバー
(4)光などを遮蔽して検査作業環境を安定化させるカバー
(5)不慮の操作によるトラブルを防ぐための予防保全的なカバー

・写真のカバーは上記(3)の目的のカバーで、ビンゴゲームで次に選ばれるカラーボールの色を見えなくするためのカバーです。

・この場合、隙間を持たせるのは、自動運転中にカラーボールが正常に撹拌されてランダムにカラーボールが選択される状態にあるかどうかを目で確認するためです。

・このため適度の隙間に調整するためのカバー構造としています。

・カバーを支える支柱はミスミの標準部品の両端めねじ加工された6角支柱を採用し、片端のめねじを使ってカバーの高さ調整をしています。

・皿子ねじで固定するカバーと6角支柱の2か所はナットで確実に固定することで振動による緩みを防止します。

【写真1】高さ調整が簡単なカバー構造の事例

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る