エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2010年05月07日

カテゴリ : 設計のヒント

第447回 設計のイメージトレーニング-37:可動体の設計表示法

 可動体を持つ機械設備の場合、可動体の移動範囲の全てにおいて予期せぬ問題が生じないことを機械設備設計者は、設計段階で確認する必要があります。ここでは可動体の設計技法を解説します。

・二点鎖線は想像線とも呼び、稼動状態の図示などに使用します。破線は隠れ線とも呼ばれ、見えない部分(隠れた部分)の構造体を図示する線の種類です。

【図1】ビンゴゲーム機の二点鎖線図示の事例

・可動部の設計は、組立図に可動範囲の最大ストローク位置を二点鎖線(想像線)で図示させます。

・この最大ストローク位置での可動体の状態について、設計者は構造上の問題が生じないことをチェックします。

・【図1】のビンゴゲーム機の場合、X軸テーブルの最大ストローク位置に対するケーブルベアの状態を 二点鎖線で図示しています。

・【図1】の二点鎖線の状態から次のチェック項目が確認できます。
(1)X軸テーブルが左側最端部まで移動してもケーブルベアはカバーに当たらない余裕がある。
(2)上から見た平面図(【図1】ではありません)から、背面に設置されるエアーシリンダのマニホールドレギュレータの邪魔にならないことが確認できる。

【図1】ビンゴゲーム機の二点鎖線図示の事例

・【図2】は液中耐久試験機の事例です。可動体が左端(実線)と右端(二点鎖線)の位置で図示されています。

【図2】液中耐久試験機の二点鎖線図示事例

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る