エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2010年07月16日

カテゴリ : 位置決め技術

第457回 設計のイメージトレーニング-47:組立しやすい部品形状の設計

 組立図から詳細設計の部分組立図に進んでゆく段階で、組立し易い部品形状の設計を心がける必要があります。ここでは、組立し易い部品形状の設計のポイントを解説します。

・組立部品の加工機は、一般公差の精度の場合でも±0.1~0.2mm程度の加工精度を保証できます。したがって、寸法公差を付けずに部品の形状を工夫することで組立し易い部品設計が可能です。

・【図1】は2個の部品の平行精度を出しやすい組付けガイドを持つ部品形状の設計事例です。この部品のセットを2セット重ねて組み合わせると直角精度の良い組立が出来ます。詳しくは133号を参照してください。

【図1】

・位置決めピンを用いる組立ガイドの部品図(ワークホルダ)の事例を【図2】に示しました。この部品の場所にワークを取り置きするため、この部品の組立精度が必要な事例です。

・この部品の場合、4個の固定用ねじ穴のうちの2個を位置決めピン用のガイド穴として位置決めピンによる組立を可能としています。

【図2】【写真1】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る