エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2010年09月10日

カテゴリ : ローコストオートメーションと材料

第464回 軽量化技術-4:材料置換の軽量化技術-3

 金属材料をプラスチックに置き換える手段が材料置換の軽量化技術の典型例です。これまではエンジニアリングプラスチックで金属部分を置き換えることが実施されています。

(1)エンジニアリングプラスチック(Engineering plastics)とは

・耐熱、耐じん性、耐薬品性、耐難燃、耐候性などが高く、寸法安定性と機械的物性を高温でも保持する材料のため構造材に使用できる優れたプラスチック材料をエンジニアリングプラスチックと呼びます。略してエンプラとも呼ばれます。

・PC(ポリカーボネイト)、ABS樹脂(アクリロニトリル、ブタジエン、スチレン共重合合成樹脂)などが代表的な種類です。

(2)エンジニアリングプラスチックの置換事例

・FA自動化部品では、ボールねじのベアリングの循環部で方向転換させるリテーナー部などにエンジニアリングプラスチックが採用されています。

【図1】スライドガイドとそのエンドカバー部

【図2】ボールねじ用エンプラ製エンドカバー

【図3】エンプラ製歯車

・薬品を使用する装置部分(エッチングプロセス、洗浄など)にもエンプラが多く採用されています。

・温度が変化する部分で高精度を維持させる必要がある部品などにも採用されます。

・デジカメや高級1眼レフの交換レンズボディー部分など軽量化が求められる外装部品などにも採用されます。

・自動車などの軽量化による燃費向上を狙った事例では、ガラスやボディーとの置き換えなどがあります。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る