エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2010年10月15日

カテゴリ : ローコストオートメーションと材料

第469回 軽量化技術-9:材料置換の軽量化技術:炭素繊維と安全

 新しい素材を使用する場面では適切な取扱いに関する情報や知識が必要です。ここでは、炭素繊維と安全について解説します。

(1)炭素繊維の性状

・炭素繊維は、(1)細かいこと、(2)硬い、(3)折損しやすい、(4)浮遊しやすいなどの特徴のために、人体に対する安全のための対策が必要です。

1)毛羽や粉塵などを吸い込まないような局所排気を施すことが好ましい。<(1)、(3)、(4)の対処>(br /> 2)清掃を頻繁に行うことで、細かな炭素繊維の停留を少なくする。
3)皮膚などに付着した炭素繊維はこすらずに、水洗い・湯洗いで流し去ること。粘着テープを利用して粘着除去するのもよい。(【図1】参照)
4)目や吸引保護のために、保護めがね、マスク等の装着により目への付着や吸引を防ぐ。
目に入ったときは、コンタクトレンズは直ちに外し、清浄な流水で洗眼(15分間以上)。
(炭素自体は生体適合性が良い材料です)

・炭素繊維は、(5)導電性、(6)難燃性の特徴から、事故防止の対応が必要です。

5)電気的短絡を防止するため、結線部分を暴露状態にしないこと。
6)短絡事故が製品品質に影響を及ぼす場所とその近くでは、炭素繊維がでる作業を控える。
7)炭素繊維を吸引凝集しないため、電気掃除機は使用しないこと、ファンが付いているPCなどは使用を控えるかカバーして使用するなどの処置を取る。
8)廃棄分類は「廃プラスチック」で処分する。

【図1】CFRP射出成形品【図2】図1の表面切削品

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る