エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2010年11月26日

カテゴリ : ローコストオートメーションと材料

第474回 軽量化技術-14:構造軽量化技術-最適形状の設計

 これまで、材料の軽量化と構造の軽量高強度化の2つの手段での軽量化技術を解説しました。ここでは、両者を同時に検討しながら最適な形状設計で軽量高強度を実現させるアプローチを解説します。

(1)自動機の軽量高強度構造の設計の進め方

自動機などの装置構造は次の2つの要素に区分できます。

自動機の構造の構成要素

(2)最適な形状設計で軽量高強度を実現させるアプローチ

・上記の2つの構成要素をさらに細かな課題に展開し全体の設計課題を把握します。

・この全体の課題を念頭に置きながら、過去の類似構造の長所と短所をチェックし、軽量高強度構造化を進めることが失敗の少ないアプローチです。

【図】最適な形状設計で軽量高強度を実現させるための検討問題

(3)ノウハウの蓄積と活用

・上記の項目の右側に考慮すべき事柄を書いていますが、非常に多くの項目を自動機設計者はチェックしなければなりません。

・したがって、1種類の装置に改良を重ね、その蓄積された改良ノウハウを類似の自動機設計に活用することが得策です。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る