エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2010年12月17日

カテゴリ : 設計のヒント

第477回 安全性設計-2:本質安全化の事例

機械の本質安全化の考えを前号で解説しました。ここでは、プレス装置やかしめ装置などの構造の装置を事例に本質安全化を解説します。

(1)機械の本質安全化とは

機械の本質安全化とは次の3項目を含む対処策です。

1)安全設計が機械設備に内蔵され、または組み込まれている。
2)機械装置の操作や取扱いを誤っても、事故や災害に繋がらないように、フールプルーフ機能を有している。
3)機械設備や部品が破損や故障しても安全側に作動するようフェールセーフ機能を有している。

(2)プレス装置/かしめ装置の場合の本質安全化

・プレス装置やかしめ装置などの場合、事故のほとんどは、1)材料の供給作業、2)材料の位置調整・修正などの作業のために加工点に手を入れたときといえます。

・この様な場合の負傷は、多くの場合が後遺症として残る災害のため本質安全化が必要です。

・本質安全化ができない場合には、次の方策として安全装置の取付けとなります。

・本質安全化の事例

a) プレス金型の安全囲いを設置・・・作業者の手や指が加工点に届かなくなるように金型周辺に囲いを付ける。
b) 構造的に安全型とする・・・上型と下型とのすき間または上型および下型とストリッパーとのすき間を8mm以下の構造にして、指が入らないようにする。
(【図1】参照)
c) 自動プレス化・・・材料の自動供給化、加工品の自動排出化により手を挿入する作業を排除する。
d) 安全プレス化・・・装置に光センサー式安全装置を設置、または、両手操作ボタン化により、安全設計を機械設備に内蔵させる。

【図1】プレス装置の本質安全化の事例(出典:これからの安全管理;中央労働災害防止協会)

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る