エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2010年12月24日

カテゴリ : 設計のヒント

第478回 安全性設計-3:安全装置の内蔵

 機械装置に安全装置を内蔵化させることで、装置の本質安全化が図れます。機械の設計段階で本質安全を考えることで安全装置の内蔵化が無理なく実施できます。

(1)安全装置の内蔵化
-1安全装置の種類

安全装置には次のような種類があります。

1)ガード式安全装置
2)両手操作式安全装置
3)光線式安全装置
4)手払い式安全装置
5)手引き式安全装置

-2安全装置の内蔵化

ガード式安全装置の事例とした場合:

機械装置の起動は、体の一部などがガード範囲に入っていると駆動しない。機械装置の一部として初期設計時点で組み込みインターロック式制御を組めば、ガード取り外しなどによる故意の改造による災害などを回避できます。

(2)本質安全化が難しい時の安全装置の使い方

 機械装置の初期設計段階で安全装置の内蔵化が難しい場合や購入設備に対して後付で安全対策をする場合などがあります。この場合、次の図の構造で安全対策が段階的に実施するのが好ましい。

【図】機械設計者の安全対策とそのステップ

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る