エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2011年01月07日

カテゴリ : 設計のヒント

第479回 安全性設計-4:リスクアセスメント

 自動機や工作機械などの設計者は、機械の設計段階で設計中の機械の危険度合いを自己評価できる能力が必要です。この自己評価能力を育成・向上させるプロセスツールとして、JISの「安全性達成のための反復的プロセス」が有効に活用できます。

(1)リスクアセスメント

・リスクアセスメントとは、機械類に付随する危険源の審査を統計的方法で実施可能にするための一連の論理的手法です。

・リスクアセスメントは、次の2つの調査で成り立っています。
   1)リスク分析
   2)リスク評価

・リスクアセスメントの調査結果を受けて、リスク低減の対策行動が取られます。このためリスクアセスメントには「リスク低減の行動」は含まれません。

(2)安全性達成のための反復的プロセス

 次の行動プロセスでリスクの分析・評価とリスク低減活動が繰り返され、その結果として、機械類の設計製作過程での安全ノウハウが蓄積できます。

【図】安全性達成のための反復的プロセス(出典:JIS B9702より)

補足1…使用者の特徴(年齢、利き手、身体能力の限界、初心者か?技術者か?、など)を考慮すること

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る