エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2011年01月14日

カテゴリ : 設計のヒント

第480回 安全性設計-5:機械類の安全設計知識

 機械類の設計段階で安全性を盛り込むための技術原則がJIS B 9700-2(設計の基本概念)に規定されています。安全性設計のチェック項目として利用できます。

(1)機械設計に関する一般的技術知識(参考文献:JISハンドブック(72)機械安全)

下記の検討項目は一般事項として必要とされています。

a)機械的応力

・適正な計算、構造及び締め付け方向による応力制限。 Ex.ボルト締め組立、溶接組立
・過負荷防止(Ex.“可溶”プラグ、圧力制限バルブなどで)による応力制限。
・応力変動(特に、繰返し応力)下にある要素の疲労の回避。
・回転要素の静的及び動的バランス

b)材料及びその特性

・腐食、経年変化、摩滅及び磨耗に対する抵抗性
・かたさ、延性、ぜい(脆)性
・均質性
・毒性
・引火性

c)次についてのエミッション値

・騒音
・振動

(2)安定性に関する規定

・基礎の形状寸法
・負荷を含めた重量分布
・運動による動的な力
・振動
・重心の変動
・種々の場所(Ex.土地条件、傾斜)での走行路面や設置面の特性
・外力(Ex.風圧、人力)

(3)その他の規定類

d) 保全性に関する規定
e) 人間工学原則の遵守…オペレータの精神的または身体的ストレス及び緊張の低減のため。
f) 電気的危険源の防止
g) 空圧及び液圧設備の危険源の防止
h) 制御システムへの本質的安全設計方策

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る