エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2011年02月25日

カテゴリ : 設計のヒント

第486回 機械工学と自動機設計-5:力のモーメント

 力の作用点から離れた位置に力を与えた場合、力を受ける物体は回転の力を受けます。この場合の力の作用について解説します。

(1)力のモーメント

・力の作用点から離れた位置に力を与えた場合、力を受ける物体は回転の力を受けます。この力の効果を力のモーメントといいます。

・力のモーメントは、力の作用点からの距離が大きいほどその効果も距離の大きさの比に比例して大きくなります。

・回転の中心から力が作用する点までの距離(垂直距離)をモーメントの腕といいます。

・この例はシーソーを思い出せば理解しやすいでしょう(第94号参照)。

図

・上図の左のシーソー部分の場合、力Faとモーメントの腕の長さaの関係から力のモーメントMは次式で得られます。

M = Fa x a

・カムを用いたクランプ機構(下図:第84号参照)や倍力機構(スパナの締め付け)など多くの機構構造に応用されます。

図

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る