エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2011年06月17日

カテゴリ : 位置決め技術

第501回 自動化ノウハウ編:位置決め-1

 502回から自動化・省力化に具体的に活用できるノウハウや技術解決事例を紹介してゆきます。スタートは「位置決め」技術に関する内容です。

概要

・位置決めの方法に、顕微鏡で位置決め対象ワークを大きく拡大し光学機器上(ここでは顕微鏡)の基準ライン(顕微鏡の接眼レンズのカーソル線)と位置決め対象ワークの基準とを一致させる方法がある。磁気センサーのギャップの位置決めなどが事例です。この方法の場合、カーソル線とワーク基準を重ねると位置決め状態が見えにくくなる。カーソル線のデザインを改良することで高倍率でも位置決め状態が見やすくできる。

解説

・顕微鏡のカーソル線(【図1】)と位置決めワークの基準を重ねて一致させるとカーソル線でワーク側の基準が見えなくなり位置決め度合いが判別しにくくなる(【図2】)。

【図1】顕微鏡のカーソル線【図2】ワーク基準が見えにくい状態

・しがたって、一般的にはカーソル線とワーク基準の間にわずかの隙間を持たせた位置で両者の平行状態で位置決め度合いを識別する(【図3】)。

【図3】カーソル線とワーク基準を隙間を持たせて位置調整

・しかし、精密な角度調整(たとえば磁気センサーの位置決めなど)が必要な場合などにはこの方法は一層見にくくなる(【図4】)。

【図4】精密角度調整用カーソル線の例

・【図4】の解決策として、カーソル線のデザインを変える方法が推奨できる(【図5】)。

【図5】識別しやすいカーソル線の例

・この【図5】のカーソル線デザインならば、直線位置決めも角度位置決めも見やすいため、高倍率の顕微鏡やディスプレイを使った手動位置決め作業でも目への負担が減らせる。

注意点など

・カーソル線を用いた位置決め方法の場合、カーソル線と駆動機構側のX軸、Y軸との位置決めが重要でまた、ゲージを用いてのスケール原点の設定なども作業として必要となる。これらの作業でオペレータによるバラツキを最小限にさせるためには作業を標準化させる必要がある。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る