エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2012年09月28日

カテゴリ : 搬送LCA

第513回 自動化ノウハウ編:搬送-3

概要

搬送ローラ機構のローラ部配置案(3種類)を比較して、ローラ搬送方式の特徴解説を行った。この事例より、搬送機構設計の検討課題に対する駆動方式選定の実践力を向上できる。

解説
1)ローラ搬送機構の設計への応用

ローラ搬送機構は、搬送ローラ部とそれ以外の機構部で構成されるが、ここでは3種類の搬送ローラ配置案(図1)について解説する。

A)案・・独立した2列の搬送ローラの場合(図1-a)
・ガラス基板のたわみ変形にバラツキが大きい場合やOリングに偏磨耗が生じると、基板とローラの接触が不安定となり搬送方向が曲がりやすくなる。
・両端の搬送ローラをメイン、中央の搬送ローラをサブとなるよう材質やローラ径を設計し搬送安定化させることが考えられる。

B)案・・独立した3列の搬送ローラの場合(図1-b)
・A)案の薄板基板のたわみ変形の影響を抑えるために基板を3列のロールで支持搬送する構造である。
・摩擦力を伝達するゴム製Oリングをロール外周に採用することで、摩擦係数の増大と安定化、更にメンテナンス性の向上が期待できる。

C)案・・1個のリングで連結された3列の搬送ローラの場合(図1-c)
・基板と接する3本のOリングの違い(摩擦係数に関連するもの)を直接受ける、部品加工費が高くなる、また組付け工数やOリングの張力安定のためのメンテナンス工数が増えるなどの課題が挙げられる

 3種類の比較では図1-b)案が薄板軽量化のガラス基板の搬送には好ましい。次回はB案の機構を用いて搬送の直進性について解説する。

【図1】搬送ローラ配置とローラ駆動方式の比較例

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る