エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2013年04月26日

カテゴリ :

第541回 自動化ノウハウ編:ねじ締め自動化

ねじによる2部品の締結法は、締付のためのねじ回転運動と締結信頼性のための締結トルクの制御が必要となるが、環境問題の背景等から改めて需要な自動化技術と成っている。

(1)ねじ締め自動化の構成要素

・ねじ締め自動化の構成要素は、締結装置と部品供給装置からなるハードウェアと、締結トルクなどの締結条件の制御とその管理からなるソフトウェアの2つから構成されている(図1)。

【図1】ねじ締め自動化構成要素

(2)ねじ締め自動化のトラブル分析

・ねじ締め自動化作業の典型的なトラブルは図2である。

【図2】ねじ締め自動化作業のトラブル要因

・このトラブル要因から、自動化装置の課題として(1)締結不良、(2)ねじ部品供給ミス、(3)位置決め不良、などの対策の必要性が挙がってくる。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る