エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2000年08月08日

カテゴリ : 金型材料

第4回 金型用鋼の化学成分について

 プラスチック成形金型に使用される鋼材は、鉄-炭素系の合金(いわゆる鋼(はがね))が基本的な材料になります。
 代表的な鋼の種類については、基礎知識としてその化学成分を知っておくと、熱処理や機械特性などを考慮する際に有益です。

 こちらにその一覧データを紹介します。

鋼種名JIS記号化学成分含有比率(%)
CSiMnPSNiCrMoWV
一般構造用圧延鋼材SS400   0.060.06     
機械構造用炭素鋼S50C0.45
-0.55
0.15
-0.40
0.40
-0.85
0.0350.04     
クロムモリブデン鋼SCM30.33
-0.38
0.15
-0.35
0.60
-0.85
0.030.03 0.90
-1.20
0.15
-0.35
  
ステンレス鋼SUS230.25
-0.40
0.751.000.040.03 12
-14
   
炭素工具鋼SK50.80
-0.90
0.350.500.030.03     
合金工具鋼SKS30.90
-1.00
0.350.90
-1.20
0.030.03 0.50
-1.00
 0.50
-1.00
 
合金工具鋼熱間ダイス鋼SKD610.32
-0.42
0.80
-1.20
0.500.030.03 4.50
-5.00
1.00
-1.50
 0.8
-1.2
合金工具鋼冷間ダイス鋼SKD111.40
-1.60
0.400.500.030.03 11.0
-13.0
0.80
-1.20
 0.2
-0.5

 各化学成分の一般的な影響は下記に示す通りです。

 C(炭素)%が増すと硬さ、引張強さが高くなる。
 Si(けい素)%が増すと、引張強さが高くなる。
 Mn(マンガン)%が増すと、焼入性が向上する。
 P(リン)%が増すと、もろくなる。
 S(硫黄)%が増すと、高温で割れが出る。
 Ni(ニッケル)%が増すと、粘り強くなる。
 Cr(クロム)%が増すと、焼入性が向上し、耐摩耗性も向上する。
 Mo(モリブデン)%が増すと、耐摩耗性が向上する。
 W(タングステン)%が増すと、耐摩耗性が向上する。
 V(バナジウム)%が増すと、耐摩耗性が向上する。

 ◎ただし、各成分の%は、バランスが保たれた場合に合金としての特徴を発揮できると考えて下さい。



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る