エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2000年08月29日

カテゴリ : キャビティ

第7回 キャビティ寸法の決定方法−その1−

 前回は、成形収縮率について解説を行いましたが、今回は、成形収縮率を利用して、キャビティの寸法を決定する方法を解説します。

図1

 まず、成形収縮率αを決定します。
 例)α=0.005

 次に、決定しようとする成形品の寸法を選びます。(寸法公差が±公差の場合)
 例)22±0.05

 続いて、求めようとするキャビティの寸法を【式2】を用いて計算します。

 L0=(1+α)×L ・・・【式2】
   ただし、L0:キャビティの寸法(mm)
       L:成形品の寸法(mm)
       α:成形収縮率

  例)L0=(1+α)×L
     =(1+0.005)×22
     =1.005×22
     =22.11

 従って、キャビティの寸法は22.11mmが理論上のターゲット寸法となります。

 さらに、22.11mmの計算寸法を機械加工性と試作後の金型修正を考慮して、若干の調整を行います。幅22.11mmの金型部品を機械加工することは、今日の工作機械を使用すれば勿論可能なのですが、加工寸法が0.01mm単位で指示されていると、加工コストが高くつきますので、できれば0.01mmの端数は偶数に丸めておきたいところです。
 仕上がって、22.11→22.10 または、 22.11→22.12
 と修正します。
 どうしても精密に加工したい場合には、22.11のままでも差し支えはありません。

 最後に、計算した寸法が金型の状態で凹側の場合、凸側の場合によってもう1回調整をします。
 凹側の場合は、後で金型修正が可能なように、若干小さめに作ることも可能です。
 この場合、22.10→22.08 または、 22.12→22.08 のように修正します。
 凸側の場合は、若干大きめに作ります。
 この場合、22.10→22.12 または、 22.12→22.14 のように修正します。
 金型修正しなくても良いと経験に基づき判断できる時には、これらの調整は不要です。



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る