エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2000年10月24日

カテゴリ : キャビティ

第15回 キャビティ・コアの一体構造と分割構造

 キャビティ、コアは、成形品の形状を形作る重要な部品ですが、その作り方には大きくわけて二種類の方法があります。
 「一体構造」と「分離構造」がその製作方法です。
 「一体構造」は、文字通りキャビテイ、コアを一体の部品で製作する方法です。
 「分割構造」は、キャビティ、コアを2以上の部品に分割し、組み合わせる方法です。
 それぞれの方法には長所と短所があります。【表1】にその一覧を示します。また、【図1】には各構造の事例を示します。

図1

【表1】一体構造と分割構造の長所と短所

(評価:◎=秀でる ○=優れる △=一部可 ▲=適当でない)

比較項目一体構造分割構造
部品点数
機械加工性◎〜▲◎〜▲
機械加工コスト◎〜▲◎〜▲
材料コスト
コーナー部形状精度
磨き加工性
エアベント効果
メンテナンス性

 「一体構造」を採用するか「分割構造」を適用するかの意志決定は、成形品の形状、金型寿命、樹脂の種類等によって、得失を考慮して判断を行います。しばしばいずれの方法が優れているのかというご質問をお受けしますが、前提条件によって優劣は決定されるという事が回答となります。



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る