エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2001年03月20日

カテゴリ : 技術計算

第33回 可動側型板のたわみ計算

 射出成形品のパーティング面の周囲にバリが発生したり、成形品のスプルー付近の高さ寸法がプラスしてしまった経験はありませんか。
 計算の前提となる可動側型板の形状を【図1】に示します。

図1

 最大のたわみδmaxは、型板の中心線上に発生します。
 計算式は、下記の通りです。

数式画像

B:型板の幅(mm)b:キャビティ内圧pを受ける部分の幅(mm)
L:スペーサーブロック内側の間隔(mm)p:キャビティ内圧(kgf/cm3)
h:受け板の厚さ(mm)E:材料の縦弾性係数(ヤング率)(kgf/cm2)
l:キャビティ内圧pを受ける部分の長さ(mm)σmax:受け板の最大たわみ(mm)

 下記に型板のE(縦弾性係数)と、p(キャビティ内圧力)の主要なデータを示します。

型板の材種別Eの値
材質E(kgf/cm2)
S50C210×104
プリハードン鋼
(SCM440系)
230×104
超々ジュラルミン73×104
キャビティ内圧力pの目安(kgf/cm2)
射出圧力低目200〜400
射出圧力高目400〜600

 上記の計算式は、近似計算を行うための式です。実際には、型板には、スライドコアのポケット穴やエジェクターピン用の穴などが加工されておりますし、キャビティの形状も一律な形状ではありませんから、正確なたわみの計算を行うことは、事実上困難であると言えます。
 従いまして、近似計算により基礎的な計算を行い、安全側になるように補正をしたり、余裕率を考慮するのが現実的な手段です。



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る