エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2001年06月19日

カテゴリ : ランナー・ゲート

第45回 ピンポイントゲートのランナーロック部形状バラエティ

 ピンポイントゲート構造でのランナーロック形状は、様々なパターンが採用されておりますが、一般的に多用されているパターンは、【図1】に示すタイプでしょう。

 【図1】のタイプは、頭部にアンダーカット形状を有するランナーロックピンを、ランナー根本に配置し、固定側型板とランナープレートの間が開く際にランナーとゲートを強制的に離型させる方式です。
 ランナーロックピンは、ランナープレートにすきまばめで勘合され、固定側取付板にプレートやスクリュープラグによって固定されています。
 この方式では、薄肉の成形品や流動時の圧力損出が大きな樹脂の場合、ランナーロックピンの頭部によりランナー内の流路が狭められ、成形条件の面で高い充填圧力や保圧が必要になる場合があります。

図1

 このような場合には、【図2】に示すように、ロック部をランナープレート内に一段下げて固定する方法が考えられます。この方法ですと、ランナープレート上に円錐形の彫り込み加工が必要になりますので、その分金型製作費用は高くなりますが、成形時の圧力損出は改善が可能です。 図2

 成形サイクルを短縮したい場合には、【図3】のようにランナーロックピンの先端部を円錐形に尖らせて、肉盗みを兼ねたロック形状とする方法もあります。この方法ですと、ランナー中心部の余肉がそぎ落とされるので、冷却が効率的に行われ、サイクル短縮に効果がみられます。
 ただし、円錐形状部のバランスが悪いと、円錐部の根本から折損する場合がありますので、コーナーRの付与等の強度改善対策が必要となることがあります。
図3

 これから設計しようとする金型のランナーロックに求める最優先の課題は何であるのかを判断して、適切なランナーロックの選定を行うことをお勧めします。



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る