エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2001年07月03日

カテゴリ : キャビティ

第47回 左右不均等なキャビティの位置ずれ防止

 スプルーに対してキャビティの配置が左右不均等な場合(【図1】の例)、キャビティの形状によっては、溶融樹脂の充填の際にキャビティブロックとコアブロックの相対位置が位置ずれを起こし、成形品の寸法が変化したり、バリが発生することがあります。

図1

 このような不具合の発生を防止するためには、【図2】に示すように、キャビティ彫り込みとは反対方向にテーパーブロックセットを配置することにより位置ずれを防ぐことが可能です。

図2

 1個取り金型や試作金型などでは、【図1】に示すような事例に遭遇することがあります。その際には、成形品の形状を作ることのみに集中せず、少し離れた観点から金型構造全体を眺めてみて、今回ご紹介したヒントを思い出してみてください。

 「局部のみに目を奪われず、常に全体を見渡すゆとりが、バランスの取れた設計を実現します。」



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る