エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2001年07月10日

カテゴリ : 成形不良対策

第48回 1個取り金型の型締め力バランスの安定化

 1個取り金型では、スプル−に対して型板の半分側のみにキャビティを配置する事例が多くなります。(【図1】の例参照)
 型板のサイズが大きくなりますと、片側のみにしか受圧部分がないために、射出成形時に型締め力のバランスが崩れ、成形品の周囲にバリが発生する場合があります。

 このような場合にバリを防止するために型締め力を無理に高めに設定したり、あるいは充填圧力を低めに設定したりしますと、思わぬ部分に別の不具合が発生する可能性があります。

図1、図2

 1個取り金型での型締め力のバランスが崩れていると判断された場合には、【図2】に示すようなバランスブロックをスプルーの対称側に配置することが適切な対処手段となります。
 通常は、キャビティ・コアのパーティング面は、型板のパーティング面より5〜20ミクロンメートル程度凸となっておりますので、バランスブロックを配置することにより、キャビティ・コア面のパーティング面のシールは望ましい状態にすることができます。

 バランスブロックの形状は、長方形でも円形でも良く、できるだけ型締め力受圧面積が大きくなる方が安定します。



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る