エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2001年07月17日

カテゴリ : キャビティ

第49回 2個取りキャビティの配置

 2個取りの場合、キャビティを配置する場合、スプルーに対して天地方向に配置するか、左右方向に配置するか迷う場合があります。

 天地方向に配置した場合(【図1】)には、スプルーに糸引きが発生してしまった場合に、【図2】に示しますように、キャビティ掘り込み上に糸引き、またはスプルー+ランナーが重なり、誤って型締めした場合にキャビティのパーティング面を潰してしまう危険が伴います。
 連続成形を行っている場合には、何らかの悪条件が重なった場合に、【図2】のような場面に遭遇する可能性が潜んでいます。

図1、図2

 したがいまして、潜在的な危険を排除するためには【図3】に示しますように、左右方向にキャビティを配置することが賢明でしょう。 図3

 スライドコアの配置やその他の特殊な事情がある場合には、天地方向の配置でもやむをえない場合もありますので、総合的な状況判断を行ってください。



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る