エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2001年08月28日

カテゴリ : ランナー・ゲート

第54回 ピンポイントゲート先端形状のデザイン

 ピンポイントゲート先端形状のデザインについて解説します。

 ピンポイントゲート構造を採用するときに、金型設計をなさる方が最も苦心されることの1つに、ゲート先端部のデザインがあります。

 ゲートの先端形状は、キャビティ内部に溶融樹脂を注入する際の流入状態を左右します。また、樹脂の充填された後の保圧のかかり具合や、ガラス繊維入り樹脂の場合には、繊維の配向状況なども左右します。
 さらに、ゲートが成形品から切断される際のゲートの切れ残り状況も左右します。

 基本的なゲートの先端形状のパターンを【図】に示します。

図1

 一般的なゲート形状としては、DまたはEのパターンが適当です。このような形状ですとランナーの離型も心配なく、またゲートの切断残りも小さく抑えられます。
 ただし、ゲート先端部の機械加工は放電加工により、精密加工する方法が推奨されます。

 Aのパターンは、複数のゲートを狭い部分に配置しなければならない場合に有効です。

 Fのパターンは、コアピンなどの他の部品とランナーが干渉してしまう場合などに採用される特殊なパターンです。

 Bのパターンは、ランナーの離型がうまく行かず、金型の中にランナーが残ってしまう可能性が高くなります。

 Cのパターンは、ゲートの残りが成形品に残ってしまう可能性が高くなります。

 ゲートデザインは、成形品の品質を大きく左右しますので、ある深みを持ったこだわりが求められます。



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る