エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2001年09月18日

カテゴリ : コスト

第57回 金型における最適信頼度

 金型を起工する場合には、どのぐらい故障しにくいような構造にすれば良いのかを、検討する必要があります。
 具体的には、コアピンの突き当て面や食い切り面の摩耗やコアピンの破損、ガスによる腐食などによる金型の故障を、どのように保証しようかということです。

 これらの保証期間を長くするためには、高級な鋼材を使用したり、丁寧な熱処理、特殊コーティング被覆、ステンレス鋼の採用などの手段が考えられますが、これらの手段にはコストがかかります。
 つまり、金型の信頼度(金型の故障のしにくさ)Rを向上させるためには、金型製作コストが高くなる傾向にあります。(【図】参照、A曲線
 一方、金型の信頼度Rが低い場合には、摩耗した部品の交換やメンテナンスなどのコストが高くなる傾向があります。(【図】参照、B曲線

図

 結論として、トータルコスト曲線(A+B)が最小になる信頼度R1が最適な金型の信頼度になります。金型を起工する場合には、金型の寿命を推定し、その寿命の間に何回ぐらいのメンテナンスを考えているのかを想定し、メンテナンスにかかる費用と保証期間を長くするための費用を見積もって、金型の製作コストとメンテナンスコストを加算したトータルコストを考えるようにすると良いでしょう。

 プラスチック射出成形金型は、その用途によって、1,000ショット程度で生産終了してしまうものや、メンテナンスを加えながら3,000,000ショットも使用するものがあります。どのぐらいの信頼度で金型を起工するのかを、金型発注企業は十分に検討することが、投資効率を高めるためには大切です。



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る