エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2001年11月20日

カテゴリ : 技術トピックス

第65回 アンダーカットの処理構造(浮上コア構造)

 アンダーカット量の比較的小さな成形品の処理構造の一つとして「浮上コア構造」があります。  浮上コア構造は、スライドコア構造や傾斜ピン突き出し構造と比較しますと、構造がシンプルであり、金型の製作コストが低減され、さらに作動時のトラブル発生リスクも低く抑えることができます。

 【図】には、浮上コア構造の例を示します。

図

 アンダーカット形状は、メインコアから分割されている浮上コアに彫り込み加工されます。  浮上コアの底部には、つば部を設けておきます。
 浮上コアは、型開き後、エジェクターピンによって成形品を突き出した際に、アンダーカット部形状と一緒に浮上してゆきます。
 浮上コアのつば部が、メインコアのストッパー部分に接するストロークL’だけ移動しますと、さらにエジェクターピンは、成形品を突き出して行きます。
 そうしますと、まだ完全に冷却しきれていない暖かい成形品のアンダーカット部のリブは、弾性変形してスナップ(しなる)します。
 このようなプロセスにより、アンダーカット部は金型から取り出すことができます。

 浮上コア構造を採用する場合には、アンダーカット部の端部になだらかなRを設けることがノウハウです。
 また、アンダーカット部の形状は、スライドコア構造等によって形成された形状と比較しますと、離型時につぶされる分だけ形状精度が劣りますので、あらかじめその事は理解をしておく必要があります。



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る