エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2001年12月25日

カテゴリ : コスト

第70回 プラスチック射出成形品の原価構成

 プラスチック射出成形金型は、射出成形品を効率よく生産することができるかどうかが、その存在価値を決定するといってもよいでしょう。
 では、射出成形品の生産効率を評価する指標としては、どのようなものが適切でしょうか?
 その筆頭と言える指標は、射出成形品の製造原価でしょう。短い成形サイクルで、しかも多数個取りで、成形不良もほとんど発生しない金型であれば、成形品1個当たりの製造原価は著しく低く抑えることができます。

 プラスチック射出成形品の原価構成は、一般に下記のようになっています。

1. 原材料費
プラスチック原材料の費用です。内訳としてはさらに正味原材料費(成形品になる部分)と、スクラップ原材料費(ランナー等廃棄する部分)に分類されます。
2. 成形加工費
成形加工に必要な人件費、電気料、水道料、機械償却費等です。
3. 二次処理費
ゲートカット等の二次処理に必要な人件費等です。
4. 二次加工費
成形加工後の印刷、塗装などの二次加工に必要な費用です。
5. 検査費
成形品の品質検査に必要な費用です。
6. 金型減価償却費
金型費用を1個当たりの成形品で減価償却する場合の費用です。
7. 梱包・輸送費
成形品の梱包や輸送にかかる費用です。
8. 不良対策費
成形不良が発生した場合の補償費用です。
9. 純利益
射出成形加工企業が得る利益です。
10. 租税
法人税、消費税等。



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る