エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2002年03月12日

カテゴリ : 構造部品

第80回 ストリッパープレート突き出し構造

 ストリッパー突き出し構造は、成形品にエジェクターピンの跡が残ってはいけない場合などに採用される突き出し構造です。
 【図1】に示すようなアクリルやポリカーボネート等の、透明な光学用途部品などに採用されています。

図1

 【図2】には、ストリッパー突き出し構造の事例を示します。

図2

 まず、成形品を形成するメインコアは、可動側型板にボルト等で固定をしておきます。
 メインコアの側面を囲むようにストリッパープレートを配置し、ストリッパープレートはさらに連結ロッドを介してエジェクタープレートと連結されています。
 つまり、エジェクタープレートが前進すると連結ロッドもそれに伴って前進し、ストリッパープレートを前進させて、成形品を突き出します。

 エジェクタープレートが戻ると、ストリッパープレートも元の位置へ戻ります。

図3

 ストリッパープレート構造の基本設計をする際には、作動の状態をきちんと作図をしなければならないのは当然ですが、さらにストリッパープレートとメインコアのクリアランス管理やテーパー逃げなどの工夫も、円滑な作動には重要なポイントになります。

 さらに、ガイドシステムの採用やストリッパープレートの鋼材選定、熱処理なども重要なファクターとなります。

図4



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る