エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2002年06月11日

カテゴリ : 成形技術

第92回 真空成形法・圧空成形法

 真空成形法は、鶏卵のパッケージやプリンのカップ、包装用器などの薄いプラスチックシート状の成形品を加工する成形法です。

 真空成形法は、射出成形法のように原材料ペレットを一旦溶融させることはせずに、あらかじめシート状に成形されたプラスチック板を、加熱された金型に、真空吸引させて変形させます。(【図】参照)

図

 金型には、真空吸引するための穴がいくつか設けられています。プラスチックシートを変形させる補助をするために、プラグが下降して押す場合もあります。
 一方、圧空成形は、圧縮空気によってプラスチックシートを変形させる方法です。

 これらの成形法で成形された成形品の縁は、後工程で、プレスにより切断したり、少量であれば、はさみ等でカットします。

 成形が可能なプラスチックとしては、

発泡スチロール
硬質ポリ塩化ビニル
ポリプロピレン
ポリエチレンテレフタレート
メタクリル酸メチルエステル(アクリル樹脂)

 等が挙げられます。

 金型は、雄型または雌型の一方のみを製作すればよいということになります。

 金型の材質としては、アルミニウム合金、ジュラルミン、亜鉛合金、真鍮などの柔らかい非鉄金属が主として使用されています。



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る