エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2002年07月02日

カテゴリ : 標準規格

第95回 プラスチック射出成形機の金型関連寸法(その2)

<JIS B 6701-1992>
「プラスチック射出成形機の金型関連寸法」

(3)タイバーの間隔寸法

 タイバーの間隔寸法は、【図】に示すようにタイバーの内側距離(A、B)をいい、【表】による。

図、表

解説

 この規格は、型締力が196〜7845kN(20〜800tf)のプラスチック射出成形機のタイバーの間隔寸法について規定されています。
 タイバーの間隔寸法は、金型をプラテンに取付ける場合のモールドベースの最大外形との干渉が起きないかどうか、もっと分かり易く言えば、金型がプラテンに取付けられるかどうかを判断する指標になります。

 金型の取付方法は、

1. 金型をクレーン等で吊り上げて成形機の上からタイバーの間に吊り下ろす場合。
2. 横方向からレールに沿って金型をタイバーの横から送り込む場合。

 が一般的ですが、いずれの方法でもタイバーの間隔よりもモールドベースの取付板最大寸法が小さくなっていることが推奨されます。
(特殊な場合として、金型を斜めにしてタイバーの間に入れてしまう方法もあります)

 【表】に示す基準寸法よりも実際の寸法は大きくても良いと備考2に記載されていますので、成形機によっては少し大きめに設定されている場合もあります。



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る