エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2002年10月08日

カテゴリ : コスト

第108回 ピンポイントゲートのゲートシール時間の計算事例

問題

 【図1】に示すピンポイントゲートのゲートシール時間は何秒ぐらいと予測されるか?
 ただし、成形材料はABS樹脂(ナチュラル)、溶融樹脂温度230℃、成形品取り出し温度90℃、キャビティ表面温度50℃とする。

図1

解答例

 ピンポイントゲートのゲートシール時間は、次式で予測できます。

 tSR=1/X・lnY

   X=α・(5.7832/R2+π2/l2)
   Y=2.036・((θr-θm)/(θe-θm))

   tSR:ゲートシール時間(sec)
    α:キャビティ表面温度における樹脂の熱拡散率
    α=λ/(c・ρ)=0.0827
    λ:樹脂の熱伝導率(kcal/m・h・℃)
    c:樹脂の比熱(kcal/kg・℃)
    ρ:樹脂の密度(kg/m3

    θr:溶融樹脂温度230(℃)
    θe:成形品取り出し温度90(℃)
    θm:キャビティ表面温度50(℃)
    R:ゲート半径0.5(mm)
    l:ゲートランド長さ3(mm)

従って、

 tSR1/X・ln Y
 1/2・ln9.162
 1.1(sec)

Xα・(5.7832/R2+π2/l2)
 0.0827・(5.7832/0.52 +3.142/32)
 2.00

Y2.036・((θr-θm)/(θe-θm))
 2.036・((230-50)/(90-50))
 9.162

 結論として、ゲートシール時間は1.1secと予測されます。



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る