エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2002年11月05日

カテゴリ : キャビティ

第111回 キャビティ表面温度の予測

 プラスチック射出成形金型のキャビティ表面温度は、成形品の寸法や外観を左右する重要なファクターです。
 金型には通常、冷却回路が設けられており、冷媒(水や油)が供給されて、成形品を冷却します。
 キャビティ表面温度は、冷媒の供給温度をコントロールすることによって制御されますが、冷媒の設定温度によって、キャビティの表面温度はいくらになっているのかを、計算によって概略推測することが可能です。

■計算の前提条件

 金型の冷却効率が良好な冷却回路が設けられていること。すなわち、十分な長さの冷却回路が、キャビティ近傍に設けられていることが必要です。

■計算式
キャビティ表面温度θ=(pr・θr+pm・θm)/(pr+pm)
  θ:キャビティ表面温度(℃)
  pr:樹脂の熱浸透率(kcal/m2h1/2)
   pr=√(ρr・λr・cr)
    ρr:樹脂の比重(kgf/m3
    λr:樹脂の熱伝導率(kcal/mh℃)
    cr:樹脂の比熱(kcal/kgf℃)
  pm:キャビティの熱浸透率(kcal/m2h1/2)
   pm=√(ρm・λm・cm)
    ρm:金型の比重(kgf/m3
    λm:金型の熱伝導率(kcal/mh℃)
    cm:金型の比熱(kcal/kgf℃)
  θr:樹脂温度(℃)
  θm:冷媒の温度(℃)

参考文献:『射出成形金型』(三谷景造 (株)シグマ出版 (1997))



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る