エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2002年11月19日

カテゴリ : 技術トピックス

第113回 金型のメンテナンスのポイント

 プラスチック射出成形金型は、量産の成形加工で使用されますと、摩耗や錆び等の原因によって金型の機能が低下してゆきます。これらの機能低下を修復するためには、メンテナンス(保守管理)が必要です。

 プラスチック射出成形金型のメンテナンスの重要ポイントとしては、下記のような箇所に留意することが推奨されます。

1. コアピンの食い切り面の傷
2. コアピンの食い切り面の摩耗
3. コアピンの食い切り面の焼き付き
4. コアピンの突き当て面の凹み
5. 鏡面加工部の傷、腐食
6. めっきの剥離
7. サブマリンゲート穴の摩耗、変形
8. ピンポイントゲート穴の摩耗、変形
9. パーティング面周囲の凹み
10. エジェクターピン穴の摩耗
11. エジェクタースリーブ穴のかじり
12. エアベント部のやに詰まり
13. スライドコアの摺動面のかじり
14. コイルスプリングのへたり
15. キャビティフレームのそり、変形
16. キャビティコーナー部のクラック
17. エジェクタガイドピン・ブッシュのかじり
18. スプルーブッシュのノズルタッチ面の摩耗
19. 冷却水孔のスケール付着、錆び
20. 冷却水孔の水漏れ



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る