エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2002年12月10日

カテゴリ : 成形材料

第116回 プラスチック添加剤について

 プラスチック成形材料には、その性質を安定させたり、特徴を付加するために様々な添加剤が使用されています。
 プラスチックは、温度、湿度、光、放射線などによって劣化を起こすことが知られておりますが、劣化から材料を防御したりするためにも添加剤は使用されています。

 以下に、プラスチック成形材料に使用される主要な添加剤を紹介します。

機能分類添加剤
材料機能
持続性機能
光安定剤、金属不活性剤、熱安定剤、紫外線吸収剤、過酸化物分解剤、ラジカル連鎖停止剤
表面機能
付与機能
滑剤、帯電防止剤、防曇剤、防菌剤、防かび剤、バルク機能付与可塑剤、難燃剤、硬化剤、相溶剤、核剤、耐衝撃強化剤、有機発泡剤

参考文献:『'96プラスチック添加剤』(シーエムシー)



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る