エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2002年12月24日

カテゴリ : 成形材料

第118回 新しい成形材料の紹介〜シンジオタクチックポリスチレン

 シンジオタクチックポリスチレン(Syndiotactic Polystyrene,SPS)とは、メタロセン触媒を利用して合成されたポリスチレンです。

 シンジオタクチックの意味は、立体規則性があるという意味で、下記のような優れた特徴があります。

 実用的な用途例としては、計器の筐体、洗面化粧台部品、浴室部材、エアコン部品、自動車用ソレノイド部品等があります。この樹脂は、1985年に出光興産株式会社が開発しています。

1. 射出成形品の寸法精度が良好である。
2. 流動性が良好である。
3. 融点が270℃と高く、耐熱性に優れる。
4. 比重が軽い。
5. 加水分解しにくい。
6. 耐薬品性が良好である。

代表的なグレード例:「ザレック」(出光石油化学株式会社)
参考文献:『プラスチックス Vol.53 No.4』((株)工業調査会 (2002年))



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る