エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2003年01月21日

カテゴリ : 成形材料

第120回 新しい成形材料の紹介〜ポリエーテルエーテルケトン

 ポリエーテルエーテルケトン(Polyetheretherketone、PEEKR)は、英国ビクトレックス社が開発した芳香族系熱可塑性プラスチックです。

 融点が330℃程度であり、優れた耐熱性を有しています。ガラス繊維で強化することにより、強度を向上させて使用される例が多いようです。

 用途としては、半導体や液晶パネルの製造装置部品、プロジェクターのランプ筐体、電池用パッキン、IC用ソケット、コネクター、自動車部品等が挙げられます。

 主要な特徴は下記の通りです。

1. 連続使用温度が260℃と高い。
2. 耐放射線性が優れている。
3. 射出成形金型のキャビティ表面温度は180〜200℃と高く設定しなければなりません。
4. 電気絶縁性が優れている。
5. 耐有機溶剤性が優れている。
6. 疲労強度が高い。

代表的なグレード例:「PEEKR」、ビクトレックスエムシー株式会社
参考文献:『プラスチックス Vol.53 No.4』((株)工業調査会 (2002年))



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る