エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2003年03月11日

カテゴリ : 成形材料

第127回 プラスチック成形材料の熱分解とガス

 射出成形加工を行っている時に、成形機を一次停止したままにしておくと、射出シリンダーの中の溶融プラスチックが熱分解を起こすことがあります。

 熱分解が発生すると、下記の現象が発生します。

1. 分子量の低下
成形品の重量ばらつき
成形品寸法のばらつき
スクリュー切り換えポジションの不安定
成形品の強度低下

2. 粘度の低下
鼻たれ
オーバーパック

3. 分解に伴うガス発生
モールドデポジットの発生
成形品表面の光沢むら
シルバーストリークの発生
ボイドの発生

4. 色の変化
焼けの発生
色相のばらつき

 熱分解は、樹脂温度×滞留時間によって発生しやすさが変化します。樹脂温度が高いほど、滞留時間が長いほど熱分解しやすくなります。

 また、樹脂ペレットの中に水分が多く含まれているほど、熱分解が促進される傾向があります。また、射出シリンダー内の酸素残存量が多いほど、酸化分解が起きやすくなります。射出シリンダーの中に不活性ガスを注入することは、このような現象をおきにくくする効果があります。



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る