エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2003年04月08日

カテゴリ : 成形不良対策

第131回 成形不良の解決対策(フローマーク)

 フローマーク(flow mark)は、成形品の表面に溶融樹脂が流れた跡の模様が残ってしまう現象です。家電製品や化粧品容器などの外観が品質として重要な成形品では、程度次第によっては不良となってしまいます。

 フローマークは、溶融樹脂が金型のキャビティ内を流動する途中で、金型の表面と接触する際に冷却される度合いが、樹脂先端部において差が発生することが原因です。

 フローマークを改善するためには、下記のような対策が考えられます。

(1)金型に関連する対策
1. キャビティ表面温度を嶽目にする。
2. ゲートサイズを広げる。
3. ランナーサイズを大きくする。
4. コールドスラグウエルを十分確保する。

(2)射出成形条件に関する対策
1. 射出圧力を高めにする。
2. 射出速度を早めにする。
3. 計量を十分確保し、クッション量を増やす。
4. 保圧時間を長めにする。
5. 樹脂温度を高めにする。
6. ノズル先端直径を大きくする。

(3)成形品デザインに関する対策
1. 成形品の肉厚の変化を小さくする。



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る